2009年8月6日木曜日

HTTP Get Textures は、効果無いみたい

Snowglobe が出てすぐ、

 Advanced メニューの HTTP Get Textures を有効にすると早くなる

という情報が、あちこちから出ていました。


しかし、わたしの環境では、
「HTTP Get Textures」をオンにする前から快適な表示になっていて、
これをオンにしても全く変化はありませんでした。

また、Snowglobe 1.0 のリリースノートには

 Release Notes/Snowglobe Release/1.0
 http://wiki.secondlife.com/wiki/Release_Notes/Snowglobe_Release/1.0

 A new, general-purpose texture fetching and caching mechanism (see HTTP Texture), currently used most with the map (with more widespread use in future versions)

 新しいテクスチャーのダウンロードとキャッシュの仕組み(HTTP Texture 参照)は、現在地図で主に使用されています(他の部分での利用が可能になるのは、将来のバージョンです)

とわざわざ明記してありましたので、
HTTP Get Textures のオプションの存在意義自体、
私は疑問に感じていました。


そこで、いろいろと調べてみたのですが、
この情報の発信元となっていると思われるブログの記事は、

 Pushing the Limits II — Snowglobe and ultrafast texture download [UPDATED TWICE]
 http://gwynethllewelyn.net/2009/06/30/pushing-the-limits-ii-—-snowglobe-and-ultrafast-texture-download/

その後の調査の結果として

 マップ以外のテクスチャーは
 HTTP 経由でダウンロードされていないことを確認した

 ビュアーのコードとしては実装は終ってるけど、
 サーバー側との絡みなのか、
 まだ機能していないようだ

という内容を、
追記として伝えています。


実際私も、上の記事の追記の内容に沿って、
Advanced メニューの Texure Console で
今ダウンロードしているテクスチャーがどこ経由のものかを
あちこちの SIM で確認してみましたが、
HTTP Get Textures のオン/オフに関わらず、
通常のテクスチャーは
HTTP 経由ではダウンロードされていませんでした。


通常のテクスチャーのダウンロード状況


地図を開いた時のダウンロード状況
(この場合だけ、地図の画像が HTTP 経由(HTP)でダウンロードされています)


HTTP 経由なのは、
リンデンからも発表があったように、

 地図の表示のみ

のようです。

つまり、

 HTTP Get Textures

の設定は、
全く効果が無いと思われます。


おそらく、
Advanced メニューに「HTTP Get Textures」という項目が増えたので、

 これは、通常のテクスチャーを
 HTTP でダウンロード出来るようになる隠し機能だ!

と思って、
こういう情報が流れたのではないでしょうか。

でも実際には、
そういう機能自体、現在は根本的に機能していないようですので、
この設定を有効にしても、何の効果も無いと思われます。


Advanced メニューはもともと
ビュアーの開発者が
開発中のテストに使うようなものですので、
書いてあるものから想像したものと全然違う動作をしたり、
または全く動かなかったり、
実装が不完全で誤動作してしまう危険性さえもあるものです。

その内容がちゃんと動くと確認されたものなら大丈夫だと思いますが、
(一部の機能は、リンデンさんからも公式に紹介されています)
そうでないものは、どんな挙動をするか分かりませんので、
その辺は注意された方がいいと思います。

[補足]
HTTP Get Textures の設定は、
デフォルトではオフです。

その状態でも、
地図の画像は HTTP 経由でダウンロードされます。

HTTP Get Textures をオンにしても、
それは変わりません。

つまり、HTTP Get Textures の設定自体、
何の意味も無い状態になっているようです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿