2015年5月6日水曜日

コードネームはサンサール(SANSAR)

リンデンラボが現在開発中の、一般に“SL2”と呼ばれている「次世代プラットフォーム」。

それに関しての名称だと思われるものが、先月、ユーザの手によって発見されました。

それが、
  • Project SANSAR
  • SANSAR
です。

この二つの名称は、アメリカの商標登録に申請されていた内容から判明したそうです。

また、projectsansar.com のドメインも、リンデンラボによって取得されていることが分かりました。


「サンサール(SANSAR)」は、サンスクリット語で「輪廻」や「世界」という意味を持っているそうです。

セカンドライフでも最初の大陸の名称に、「サンサーラ(SANSARA)」というサンスクリット語で「輪廻」の意味をもつ言葉が使われています。

そういった点から、この名称は次世代プラットフォームに関連しているものではないの?という噂が出ていたのですが…、

Is SANSAR the name of the Lab's new virtual experiences platform? | Living in the Modem World


Inara さんがリンデンラボに確認をしたところ、返答のメールと Twitter の両方で、

この名称は、開発中の次世代プラットフォームの
コードネーム/プロジェクト名である

ということを公式に認めました。


Lab confirms: SANSAR is the new virtual platform's interim name | Living in the Modem World


もちろんこれは、開発チーム内での仮の名前ですので、製品としてリリースされる際の正式な名称ではありませんが、
  • 次世代プラットフォーム
  • SL2
という呼ぶ人によってまちまちなアバウトな名称では無くて、開発チームで使われている統一された名称ですので、今までよりは呼びやすく/分かりやすくなるのかな?と思います^^

「サンサール(SANSAR)」だともう完成している製品名っぽい感じがしますので、この場合は、

プロジェクト・サンサール(Project SANSAR)

の方が分かりやすいかもしれませんね。

わたしは、

次世代プラットフォーム「プロジェクト・サンサール(Project SANSAR)」

という紹介の仕方にしようかなっと思っているところです^^
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿