2009年10月2日金曜日

あなたの SIM をメインランドに接続してみませんか?

メインランドをより魅力的な場所にするため、リンデンと住人のコミュニティがパートナーシップを結ぶことが出来るプログラム

 Community Partnership Program

が開始されました。

 Community Partnership Program is now open!
 https://blogs.secondlife.com/community/community/blog/2009/09/30/community-partnership-program-is-now-open




昨年 12 月、United Sailing Sims (USS) グループが所有するプライベート SIM 郡が、Blake Sea project によってメインランドに接続するという、過去に例がない出来事がありました。

 Hoist the Mainsail and head for the high seas
 https://blogs.secondlife.com/community/features/blog/2008/12/20/hoist-the-mainsail-and-head-for-the-high-seas

これは、今回のプログラムのパイロット版の事例です。

この素晴らしい経験を踏まえ、今後こういったことが住人側からの希望で出来るようにしたのが、今回の Community Partnership Program です。


つまり、

 自分の SIM がメインランドに接続出来るかもしれない

というわけです。


もちろん、どの SIM でもいいわけではなくて、

 ・コミュニティーまたはグループに、明確な目的やテーマが必要

 ・明確な代表者がいる安定したコミュニティであること

 ・コミュニティやグループが、少なくとも 1 年間SL内でアクティブに活動していること

 ・グループとそのオーナーは、リンデンラボと良好な関係にあること

 ・新しいユーザーをオープンに受け入れる場所であること

 ・グループは、少なくとも 1 つの通常 SIM(フルリュージョン)を所有していること
  そこは大部分の住人に開かれていて、アクセスしやすいこと

 ・アクティブなソーシャルネットワークがセカンドライフの外にあれば、より良い
  Web ページ、MySpace のグループ、Twitter、YouTube など

といった必須条件があります。

それなりに実績があり、今も活動を続けていて、魅力的なコンテンツを持っているところ…という、簡単なようで高いハードルです。

また、応募したからといって、必ずメインランドに接続出来るわけではありません。
リンデンが不適切だと思うコミュニティは、拒否されます。

しかし、アダルトはダメ…といった、そういう制限はありません。
あくまでも、コミュニティや SIM の内容で判断されるそうです。


申し込みは、サポートチケットで行ないます。
詳しくは、Community Partnership Program のページを参照してください。

 Linden Lab Official:Community Partnership Program
 http://wiki.secondlife.com/wiki/Linden_Lab_Official:Community_Partnership_Program

初期の段階では、このプログラムを適用出来るグループの数には制限があるそうですが、もしこれが成功するようであれば、より多くのところが参加出来るようにするそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿