2009年10月18日日曜日

Second Life Viewer 1.23.5 リリース

先週金曜日に、

 Second Life Viewer 1.23.5

が、公式サイトからリリースされました。

 Viewer 1.23.5 Update Released
 https://blogs.secondlife.com/community/technology/release/blog/2009/10/15/viewer-1235-update-released

 Viewer 1.23.5 Update Available
 http://status.secondlifegrid.net/2009/10/15/post777/




1.23.5 での変更は、以下の通りです。

 Release Notes/Second Life Release/1.23
 http://wiki.secondlife.com/wiki/Release_Notes/Second_Life_Release/1.23

 ・1.23 のビュアーで発生していた、
  カメラを近づけるとプリムが消えたように見える不具合の修正

  [#VWR-13868] Rendermaxnodesize default value too low
  http://jira.secondlife.com/browse/VWR-13868

 ・サーバーサイドでのセキュリティー対策への対応

  Second Life Server 1.30.2 で行われた
  セキュリティー対策への対応だと思われます。

  ノートカードの編集/保存の仕様が
  変更されているようです。


Second Life Viewer 1.23.5 は、

 ・標準版(公式版)

 ・Release Candidate 版

両方、リリースされています。


1.23.5 相当の Snowglobe 1.1.3 は
今週、正式リリース予定となっています。

 https://lists.secondlife.com/pipermail/sldev/2009-October/015376.html

 ※現在、開発用のページで公開されている Snowglobe 1.1.3 は、
  まだ正式リリースへ向けてのテスト中のものです。


1.22.11 および非公式ビュアーも引き続き使用出来ますが、
その場合は、
ノートカードの編集での挙動が 1.23.5 とは違いますので、

 1.23.4 まで:プリム内のノートカードを編集して再度開くと、
        古い情報が見えてしまう

 1.23.5 から:プリム内のノートカードを編集して再度開くと、
        新しい情報を取得して表示するようになった

その辺、注意が必要だそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿