2009年10月22日木曜日

英語版ナレッジベースが、Second Life Wiki へ移動しました

これまでサポートポータルにあった英語版のナレッジベースが、
Second Life Wiki へと移動しました。

 Long live the wiki!
 https://blogs.secondlife.com/community/community/support/blog/2009/10/19/long-live-the-wiki



 Knowledge Base
 http://wiki.secondlife.com/wiki/Knowledge_Base

  (http://secondlife.com/kb
   http://wiki.secondlife.com/wiki/KB
   でもアクセス出来ます)



これまでサポートポータルにあったナレッジベースには、

 ●特殊なシステムのため、
  ブラウザ上に表示される URL をそのまま他のところに載せただけでは、
  該当記事が見れませんでした。

  記事の URL を貼ったはずなのに、
  サポートのトップページが出てしまった…ということがあったのは、
  この仕様のためです。

 ●システムの都合上、更新がしにくいため、
  最近はリンデンさんも
  Second Life Wiki に情報を集約するようになっていました。

  そのため、
  サポートポータルのナレッジベースと
  Second Life Wiki の
  二ヶ所に情報があることになってしまい、
  分かりづらくなってしまっていました。

 ●Second Life Wiki のように、
  関連する情報を見やすくまとめた記事を作るといったことが、
  なかなか出来ませんでした。

 ●システムの都合上、
  多国語になかなか対応出来ませんでした。

  (このため、日本語版ナレッジベースは
   Second Life Wiki で翻訳作業が行なわれるようになった
   という経緯があります)

 ●Second Life Wiki は、
  そのページがリンデンさんによってロックをかけられていない限りは、
  住人も編集出来ますので、
  間違いがあれば、みんなで直すことが出来ます。

  (Second Life Wiki では、
   リンデンさんによって編集不可になっているページは、
   「Linden Lab Official」と明記されています。



   また、ナレッジベースのように、
   住人が編集に参加した場合には、
   リンデンさんのチェックが入って、
   公認のもののみ掲載されるところもあります。



   )

  しかし、
  サポートポータルのナレッジベースにはそういう仕組みが無かったため、
  間違いがあっても、なかなか情報の更新が出来ませんでした。

といった非常に大きな欠点がありましたが、

今回のシステムの移行で、
それら全てが解決します。

これにより、
今まで以上に新鮮で内容の濃い情報が、
Second Life Wiki だけで得られるようになります。


もちろん、
Second Life Wiki には
ユーザーが書いた非公式の情報もたくさんありますので、
ナレッジベースなどの公式情報とそれらが混ざってしまうのは、
検索した場合などに
分かりにくくなってしまう面も若干あるとは思いますけれど…、

リンデンさんが公式に書く情報以外にも、

 LSL ポータル
 http://wiki.secondlife.com/wiki/LSL_Portal/ja

のように非常に有用な情報もあったりしますので、

 (LSL ポータルの内容は、現在のところは非公式情報です)

その辺は住人側からも、
より良いものが掲載されるようになっていくといいなーっと思います^^


ちなみに、日本語版のナレッジベースは

 日本語ナレッジベース
 http://wiki.secondlife.com/wiki/Knowledge_Base/ja



にあります。

こちらは、
Community Translation Project のメンバーによって、
順次翻訳されていっていますので、

 (ここも、リンデンさんの翻訳チェック後に掲載されてます)

こちらの方も、ぜひチェックしてみてください^^
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿