2019年2月24日日曜日

セカンドライフの公認プログラムでないもののご紹介

リンデンラボが行っているプログラムの中には、登録しても“公認”扱いにはならないものもあります。
こちらでは、そういうプログラムをご紹介します。
  • inSL Logo Program
  • 行き先ガイド(Destination Guide)

inSL Logo Program

セカンドライフで活動していることを知ってもらうために、セカンドライフのロゴを使いたいと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、セカンドライフのロゴは商標として登録されているものですので、リンデンラボとビジネス上の契約が無い限りは、勝手に使うことは出来ません。

The Second Life Brand Center | Second Life

報道やセカンドライフを紹介するブログの記事などで引用的な形(フェアユース)で使われる感じであれば問題は無いのですが、お店の営業的な活動や商品の宣伝などにセカンドライフのロゴを使う場合は、リンデンラボとの契約が必要になります。

ただそれは、簡単に契約出来るものではありません。

そこで、セカンドライフを宣伝するという目的のために、セカンドライフのユーザー(住人)であれば、簡単な登録だけで宣伝用のロゴを利用出来るようにしよう…として始まったのが「inSL Logo Program」です。

The Second Life Brand Center | Second Life

inSL Logo Program は、セカンドライフで活動していることを、ブログや商品などでアピール出来るロゴを使用出来るプログラムです。

ただしそれを掲載したとしても、リンデンラボに公認されるというものではありません。

inSL ロゴはあくまでも、

わたしはセカンドライフの中で活動をしていますよ

ということをアピールするだけのものです。

どちらかといえば、

セカンドライフのロゴの代わりにこういうロゴを使わせてあげるので、
それをブログとかに貼ってどんどん宣伝してよね!

という感じで、リンデンラボにとって利益があるもののようです。

なので、ユーザー側にとっては無くても全然問題無いものなんですけれど、雰囲気的にそれっぽいものが欲しいなって思った時に、あったらいいのかな?という感じのものですw


ちなみに、わたしのお店のブログにも inSL ロゴを導入しています。
もちろん、inSL ロゴがあるからといって、うちのお店がリンデン公認になったわけではありません。

そんな感じのものですけれど、せっかくリンデンラボが用意してくださってるものですので、そういうのでもいいって思った方はぜひ導入してみてください^^

行き先ガイド(Destination Guide)


行き先ガイド(Destination Guide)は、セカンドライフビュアーやセカンドライフの公式サイトで、セカンドライフの名所を紹介してくれるプログラムです。

Second Life | Destination Guide - Virtual World Directory

公式ビュアー内の行き先ガイド

ユーザーから応募があった場所の中から、リンデンさんがお勧めするのに適切なものが選別されて掲載されています。

公式ビュアーの中などで表示されますので、一見すると公認されたもののように見える感じなのですが、実際には

セカンドライフの中にはこういう場所がありますよ

という紹介が行われているだけで、“リンデンラボの公認”という扱いにはならないものです。
その辺注意してください。


どちらも、パッと見は公認されたように見えるものなんですけれど、公認されるものではありませんので、その辺注意してください。

リンデンラボの公認プログラムについては、こちらのページでご紹介しています。
こちらもぜひご覧ください^^
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿