2009年11月29日日曜日

公式ボランティアプログラム「Second Life Mentor」終了

リンデンラボ公式のボランティアプログラム

 Second Life Mentor

が、2009 年 12 月 11 日に終了することが発表されました。

 Volunteering in Second Life: Now and in the Future
 https://blogs.secondlife.com/community/community/volunteers/blog/2009/11/18/volunteering-in-second-life-now-and-in-the-future




セカンドライフの住人を、

 “より良いボランティア”=メンター

という形でサポートするために、
リンデンさんを含む多くの人たちがこのプログラムの下で活動をしていましたが、

メンターがどんどん増えていくことで、

 (日本では十人程度ですが、海外では数百人規模でした)

メンター全員の質を保ちながら維持していくことの困難と、

「Second Life Answers」や「Community Translation Projects」などの
新しいサポート環境へとリンデンラボの運用の方針が転換されていく中で、

今回、リンデンラボの企業としての判断として、

 Second Life Mentor は終了

ということになってしまいました。


今後は、

 ・Resident Help Networks
 ・Second Life Answers
 ・Community Translation Projects

に、その流れが受け継がれていきます。


ただし、メンターの特徴であった

 ヘルプアイランド(Help Islands)で、
 生まれたばかりの人を助けることが出来る

は、新しいボランティア制度「Resident Help Networks」には適用されません。

 “公認ボランティア”=メンター

という分かりやすい目印が無くなると同時に、
住人では助けることが出来ない場所が出来てしまうので、
そこは、私個人的には少し不安を感じます。

 (私がメンターになった理由は、
  「そこで助けてあげたい!」ということでしたので…)


ただ、メンター制度が無くなっても、
わたしや他のメンターの方の普段のボランティア活動に関しては、
これからも変わらないと思います。

私自身、

 メンター

として活動していたのは、

 ・オリエンテーションアイランドやヘルプアイランドで手助けする

 ・インワールドで日本人のメンターが必要だという要望があった時

の時だけで、
それ以外は

 私個人のボランティア活動

として動いていましたので、

 メンターでなくなったので、ボランティア活動が出来ない

ということはありませんので^^

ですので、

 公認ボランティア
 メンター

という肩書き(目印)はなくなってしまいますけれど、
今まで通り、よろしくお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿