2015年6月26日金曜日

「プロジェクト・サンサール」は、2016 年末オープン予定

Xconomy というメディアのインタビューで、リンデンラボ CEO の Ebbe Altberg(Ebbe Linden)さんが、“SL2”と呼ばれている次世代プラットフォーム「プロジェクト・サンサール(Project SANSAR)」の今後のスケジュールについて語ったそうです。


Second Life Creator Linden Lab Prepares To Test Parallel VR Universe | Xconomy

その記事によると、「プロジェクト・サンサール」は、現在下記のスケジュールで開発が行なわれているそうです。

2015 年 7 月末クローズドアルファ版公開リンデンが招待した一部のユーザーのみ
2016 年夏頃までにパブリックベータ版公開一般の人が入れるようになるのはここから
2016 年末正式版(バージョン 1.0)公開

順調にいけば、来年末オープン予定だそうです。

これはあくまでも、開発中の段階の現在の予定ですので、これより遅くなることは十分考えられます。


来月末予定のクローズドアルファ版の段階では、一般の人は入ることは出来ません。

クローズドアルファに参加出来るのは、既報の通り、リンデンから招待された一部のユーザー(Maya ユーザーのクリエーター)のみです。

また、パブリックベータ版になって一般の人が入れるようになっても、リンデンクオリティーの“ベータ版”ですので、たくさんの不具合や仕様変更があると思います。

そう考えると、安心して活動出来るようになるのは、正式版公開後の 2017 年以降…という感じだと思います。

洋服や家などの物はもちろん、普段セカンドライフで行ってるような観光地の SIM みたいな世界もそこから作られていくと思いますので、今のセカンドライフのような世界が出来てくるのは、2018 年〜 2020 年くらいになる気がします。

ただその辺は、Blender などの一般の人が使うツールがいつごろサポートされるかにもよりますので、場合によってはもう少し時間がかかってしまうかもしれません。

いずれにしても 1 年以上先の話ですので、今、

セカンドライフの活動をどうしよう!?

という風に考えたりするのは、まだまだ早すぎると思います。

まだ完成もしていないものですので、当面はじっくり様子見の方がいいと思います。

そもそも、成功するプロジェクトかどうかも分かりませんしねw


この記事でも強調されていますけれど、「プロジェクト・サンサール」がオープンしても、セカンドライフのサービスは引き続き継続されるそうです。

なので、今のセカンドライフを楽しんでいる人には、何の問題もありません。

セカンドライフ以上に素敵な新しい世界が出来るといいね…という夢を見ながら、セカンドライフで楽しく過ごしましょう^^
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿