2015年1月13日火曜日

セカンドライフ公式ビュアーの最新版、バージョン 3.7.24 が公開されました

セカンドライフ公式ビュアーの最新版、バージョン 3.7.24(297623)が公開されました。

セカンドライフ公式サイトのダウンロードページからダウンロード出来ます。


Downloads | Second Life

今回のバージョンでは、HTTP パイプラインでのテクスチャーとメッシュの読み込みが調整されています。

Release Notes/Second Life Release/3.7.24.297623 - Second Life Wiki

具体的には、テクスチャーやメッシュの読み込みの際のタイムアウトまでの時間を調整したそうです。

改善前改善後
テクスチャー150秒(3分)60秒(1分)
メッシュ600秒(10分)240秒(4分)

テクスチャーやメッシュのデータの読み込みの際もサーバーとの通信が行われるのですが、インターネットの通信では、やり取りが必ず成功するとは限りません。

サーバーや通信状態など様々な理由で、そもそも通信がうまく到達しなかったり、また通信はうまく開始出来たとしても、途中で切れてしまうこともあります。

そういった場合、通信がうまくいかなかったことをエラーなどで知る方法が無いケースもありますので、通信を開始してある一定以上時間が経っていたら、“この通信は失敗している”という判断をプログラム側ですることがあります。

それが、「タイムアウト」です。

これまでのビュアーでは、このタイムアウトの時間が長めに設定されていたのですが、このケースに該当するテクスチャーやメッシュが予想以上に多かったみたいで、この時間が短く調整されました。

分かりやすいところでは、アバターの正面にあるテクスチャーを読み込み中の状態の際に振り向くと、再度正面を向き直しても、読み込み中だったテクスチャーが読み込み中のモヤモヤの状態のままになってしまうことがありましたが、こういったテクスチャーの再読み込みまでの時間が短縮されているみたいです。

CDN になったのに読み込まれないところが多い…と感じていた方は、ぜひこのバージョンを試してみてください^^


ちなみに、凝った造りの町並みや、商品の箱が山のようにあるような場所では、もともとテクスチャーやメッシュが多すぎてそのデータの読み込みに時間がかかってしまい、結果、表示が遅くなっていることがあります。

そういったところは、CDN や HTTP パイプラインでも改善は難しいですので、省テクスチャー/省メッシュというのは今後も重要です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿